なかなか「お目にかかれない作品」をご紹介致します。 日本神刀流開祖 日比野正吉先生 「剣舞術之圖」

3枚1組の木版画です。

裏面です。 【神刀流とは】 明治21年、皇太子御附武官 杉山直弥大佐より 「武士道精神の高揚に努めよ」とのお言葉を賜り 日本古来の剣術、居合術を基本の形として柔術、空手に舞踊の舞の要素を取り入れ、 芸術的色彩を加えて神刀流剣舞術を開眼し、 神刀流武道、撃剣・剣舞術・居合術として、 明治23年、世に発表したのが「神刀流剣舞術」です。 後年、神刀流では「剣武術」と称しています。 【ご依頼の内容】 こちらの作品のオーナーであるお客様もこの流派の方です。 ずーっと、探していて「やっと手に入れた」と、おっしゃっていました。 ・入手できたからには飾りたい。きちんとした形で見せたい。 ・永く、良い状態で残したい。 というご希望をうかがいましたので。 保存性を重視した素材を選んで額装いたしました。

↑保存額装作品 作品は、見る人がいてこそ「そこにある」と、言えるのでは、ないでしょうか? 雪山堂では、永く「ありつづける」方法の1つとして、 「保存額装」をご提案しています。